沿革


1950年代

1951年

6月18日

モーターボート競走法(以下「競走法」)公布(法律第242号)

1951年

7月 9日

競走法施行規則(以下「施行規則」)公布(運輸省令第59号)

1951年

8月25日

琵琶湖国際モーターボート選手審判員養成所で選手養成を開始

1951年

8月30日

大村選手養成所で選手養成を開始

1951年

11月28日

(社)全国モーターボート競走会連合会(以下「連合会」)設立

1951年

11月29日

連合会初代会長に日本商工会議所会頭の足立正氏が就任

1952年

3月18日

モーターボート競技規則(以下「競技規則」)制定(官文第20号)

1952年

4月6日

大村ボートレース場でモーターボート競走初開催

1953年

11月7日

若松ボートレース場で第1回全日本選手権競走開催(優勝・友永慶近選手)

1953年

12月1日

日本モーターボート選手会連合会を結成

1955年

5月11日

連合会第2代会長に笹川良一氏が就任

1955年

8月20日

大村ボートレース場で第1回モーターボート記念競走開催(優勝・ハイドロ:真島勝義選手、ランナー:豊島勝選手)

1956年

10月30日

琵琶湖選手審判員養成所が閉所。以後、連合会が1期間2ヶ月の養成訓練を実施


1960年代

1961年

4月1日

競技規則が競技規程に、フライングが返還の対象に改正(1961年1月30日付、舶監第12号)

1962年

4月20日

競走法が時限法から恒久法に改正(日本船舶振興会の設立と同会への交付金の交付、勝舟投票法の実施方法等-同日付、法律第85号)

1962年

10月1日

(財)日本船舶振興会発足(以下「日本財団」)

1963年

4月1日

連勝複式勝舟投票法の実施(2月25日付、省令第3号)

1964年

7月15日

平和島ボートレース場で行われた第11回ダービー(初日)で業界初の1日売上1億円を突破

1965年

4月1日

選手養成期間が2ヶ月から5ヶ月に延長

1966年

3月10日

平和島ボートレース場で第1回鳳凰賞競走開催(優勝・長瀬忠義選手)

1966年

8月9日

戸田ボートレース場で開催の第12回全国地区対抗競走の優勝戦をボートレース界初のテレビ放映

1966年

11月28日

連合会が山梨県本栖湖畔に本栖厚生施設水上スポーツセンター(本栖研修所)を開設


1970年代

1970年

4月1日

選手の養成期間が5ヶ月から1年間に延長

1970年

4月2日

津ボートレース場でボートレース業界初の舟券発売機を導入

1971年

6月18日

連合会、全施協、日本財団、選手会、施設協共催による「法制定20周年記念感謝の集い」を東京都千代田区のホテルニューオータニで挙行(笹川連合会会長がB&Gプランを発表)

1973年

1月3日

住之江ボートレース場の1日売上がボートレース界初の10億円を突破

1973年

3月28日

(財)ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(略称「B&G財団」)発足

1974年

5月2日

住之江ボートレース場で第1回笹川賞競走開催(全国地区対抗競走に代わって設置)
(優勝・野中和夫選手)

1975年

12月30日

住之江ボートレース場の1日売上が公営競技界で初の20億円を突破

1976年

3月31日

昭和50年度のボートレースの売上が初めて公営競技(含む中央競馬)のトップに(1兆1,745億3,378万円)

1977年

2月16日

連合会が第1回優秀選手表彰式典を実施(最優秀、新人優秀、最高勝率、最多優勝、敢闘、優秀選手を表彰)

1977年

3月18日

B&G財団の海事思想普及事業協賛の特別協賛競走は1979年まで3年間延長(同日付、舶監第195号の2)

1977年

12月30日

住之江ボートレース場の1日売上が公営競技界初の25億円を突破

1978年

3月15日

モーターボート記念競走の下付賞が1978年度(第24回)から自治大臣杯に変更(従来は高松宮杯)

1978年

3月21日

北原友次選手が第13回鳳凰賞競走(丸亀)で優勝、初の4大特別競走全制覇を達成

1978年

3月21日

丸亀ボートレース場の1日売上が瀬戸内地区初の10億円を突破


1980年代

1980年

5月1日

選手のスタート事故による自粛欠場期間がF、Lとも1本につき40日間に改正(従来はFのみで1本目30日、2本目90日、3本目180日)

1981年

6月18日

連合会、全施協、日本財団、施設協、選手会共催による「法制定30周年記念式典」を笹川記念会館で挙行

1982年

3月31日

1981年度の売上、初のマイナス成長(1兆5,640億円で対前年度比95.8%、入場人員は4,111万人で92.7%)

1982年

4月28日

施行規則、4大特別競走の準優勝戦及び優勝戦の舟券が同時開催をしている他ボートレース場でも発売できるに改正(同日付、運輸省令第10号、舶監第279号)

1982年

5月1日

選手級別決定基準の一部を改正

  • ①従来の勝率と事故率に加え複勝率を導入
  • ②A・B級の定員制
  • ③A級の事故率を0.70以下

1982年

7月10日

施行規則、競走場の施設又は周辺環境の改善事業と国際博覧会その他高度の公益性を有する事業実施に必要な資金を確保するための特別競走が開催できるに改正(同日付、運輸省令第17号、舶監第445号)

1983年

6月

ボートレースのシンボルマーク誕生(ファン拡大推進委員会で募集)

1983年

7月23日

下関ボートレース場で公営競技初の薄暮レースを開催(第1レース締切午後2時~第10レース締切午後6時30分)

1984年

4月14日

浜名湖ボートレース場で公営競技初のナイターレースの実験を実施

1984年

5月

10年ぶりに12レース制一部復活(5月12~16日下関、5月27~29日芦屋)

1984年

11月1日

選手のスタート事故による自粛欠場期間が30日間に改正(従来は40日間)

1985年

3月7日

4大特別競走の特別発売、1985年度から最終日の順位決定戦の2レースが発売可能に(同日付、海総第108号)

1985年

4月9日

唐津ボートレース場で第1回モーターボート大賞開催(低迷の続くボートレース場の活性化を促すため新設、1985年4月から3年間に限り年4回以内開催)

1985年

4月19日

平和島ボートレース場で進入固定レースを実施

1985年

5月26日

平和島ボートレース場で業界初の電話投票を実施

1985年

9月14日

施行規則を改正する省令(同日付、運輸省令第29号)が公布(場外発売場の設置が認められる。
同日付、運輸省告示第392号で「場外発売場の位置、構造及び設備の基準」が定められ、省令運用通達は10月2日付、海総第566号)

1985年

9月25日

1986年度から、新人選手(登録7年未満の選手を対象)の育成強化を目的とした新人リーグ戦、王座決定戦競走の実施を決定

1986年

3月24日

桐生・蒲郡・住之江・福岡の4ボートレース場で初の第21回鳳凰賞競走(平和島)の場外発売(臨時特別場間場外発売)を実施

1986年

4月26日

尼崎ボートレース場が他場に先がけ展示タイムの公表を実施

1986年

8月7日

選手出場あっせん規程を改正(グランプリ競走、新鋭王座決定戦競走、施設改善記念競走がそれぞれ特別競走として新設)

1986年

8月12日

ボートレース界初の丸亀ボートレース場の場外発売場「ボートピアまるがめ」が香川県丸亀市原田町にオープン

1986年

10月13日

1987年度から女子選手の最高位者を決める「女子王座決定戦競走」(一般競走)を新設

1986年

10月24日

平和島ボートレース場で新整備方式を導入(選手主体の整備、選手相互間の整備協力禁止、1987年1月29日までに全場実施)

1986年

12月12日

平和島ボートレース場で第1回新鋭王座決定戦競走開催(優勝・山室展弘選手)

1986年

12月21日

住之江ボートレース場で第1回グランプリ競走(賞金王決定戦競走)開催

1987年

7月22日

第2回グランプリ競走(賞金王決定戦競走)から当日の全レースについて臨時場間場外発売が実施可能に

1987年

7月27日

鳳凰賞競走を「総理大臣杯競走」に、グランプリ競走を「賞金王決定戦競走」に名称を統一

1987年

12月3日

浜名湖ボートレース場で第1回女子王座決定戦競走開催(優勝・鈴木弓子選手)(同競走には民間企業の冠「'87 JALクイーンズカップ争奪」が付いた)

1988年

1月2日

住之江、福岡、平和島ボートレース場(平和島は3日)で選手持ちプロペラ使用を開始(全場実施は5月1日から概ね1年間)

1988年

4月1日

競走全体の位置づけを体系化するため競走の格付け(グレード制=全てのレースをSG・GⅠ・GⅡ・GⅢ・一般の5段階に分類)が導入

1988年

5月1日

選手級別決定基準を改正(A、B級の選手数が定員制から定率に、A級の複勝率の引き下げ、B、C級の名称変更等)

1988年

5月14日

ボートレース映画「フライング・飛翔」が全国の東映系映画館で上映(6月10日まで)

1988年

11月

選手の最低体重制度発足(男子50、女子45kg)

1989年

9月4日

倉田栄一選手が津ボートレース場で史上初の通算3,000勝を達成

1989年

11月17日

臨時場間場外発売拡大の通達(同日付、海総第486号。条件付ながら五大特別競走は全日程、全レース。新たに周年記念、地区選手権競走の準優勝戦と優勝戦日の2日間の発売が同一地区内に限り可能)


1990年代

1990年

5月1日

選手のスタート事故による自粛欠場期間強化(従来のF・Lとも30日間から、Lはそのままで、Fが1本目30日、2本目90日、3本目180日と1980年5月以前の制度に戻る)

1990年

5月11日

(財)モーターボート競走近代化研究センター発足

1990年

10月29日

1991年度から、6月18日の法制定40周年を記念してSG競走・グランドチャンピオン決定戦競走の開催決定。この開催収益の一部を(財)日本科学協会、(財)笹川記念保健協力財団へ寄付

1990年

11月30日

ボートレース場を利用する場外発売の実施についての通達(1989年11月17日付、海総第486号)を改正(同日付、海総第583号)。また、1日の競走回数の取扱いについての通達(同日付、海総第585号、いずれもグランドチャンピオン決定戦競走関連)

1991年

1月9日

「ボートピア姫路」が兵庫県姫路市魚町にオープン(尼崎ボートレース場180日及び住之江ボートレース場60日分を発売)

1991年

3月8日

宮島ボートレース場は同日の開催からスタート練習を廃止(当初は連勝複式のみ、4月18日から全廃。以下12月までに全場廃止)

1991年

4月1日

1991年度から全ての競走の優勝戦の周回数が従来の4周から3周に変更

1991年

6月18日

連合会、全施協、日本財団、施設協、選手会共催による「法制定40周年記念式典」を東京都千代田区のホテルニューオータニで挙行

1991年

6月20日

住之江ボートレース場で第1回グランドチャンピオン決定戦競走を開催(優勝・西田靖選手)

1991年

9月1日

第72期選手養成訓練から養成期間を従来の12ヶ月から14ヶ月に延長

1992年

3月31日

競走場を利用する場外発売の実施についての通達(1990年11月30日付、海総第583号)を改正(同日付、海総第168号)するとともに、場間場外発売時における当該場間場外発売場の専用場外発売場を利用する場外発売の実施についての通達(同日付、海総第169号)及び場間場外発売の確認についての事務連絡文書が発せられた(同日付)(場間場外発売対象競走の拡大、全国発売における併用発売の制限撤廃、地区内発売の拡大、競走場利用並びに専用場外発売場利用の場間場外発売通達の分離及び場間場外発売の確認申請手続の簡素化等)

1992年

4月17日

(株)日本レジャーチャンネル設立

1992年

10月22日

江戸川ボートレース場でボートレース界初のマークカード方式投票を開始(特観席内のみ)

1992年

12月11日

ボートレース場外における広域発売の推進についての通達(同日付、海総第551号)により共通会員制電話投票及び在宅投票並びに専用場外発売場における発売業務を競走会へ委託可能に

1992年

12月24日

徳山ボートレース場の場外発売場「ボートピア呉」が広島県呉市にオープン

1993年

1月23日

丸亀ボートレース場の場外発売場「ボートピア朝倉」が愛媛県今治市朝倉にオープン

1993年

4月1日

関東地区共通会員制電話投票制度発足

1993年

7月21日

特別競走開催要綱を改正。グランプリ競走(賞金王決定戦競走)の開催日数が従来の3日間(トライアル2日、決定戦1日)からトライアルを1日増やし、4日間となる(第8回競走より)

1993年

10月2日

広島市が宮島ボートレース場で1994年10月同市で開催されるアジア競技大会運営資金確保の一環として、1993年10月より1995年9月までの2年間、月間2日開催

1993年

12月1日

近畿地区共通会員制電話投票開始

1994年

3月1日

芦屋ボートレース場の場外発売場「ボートピア勝山」が福岡県京都郡みやこ町勝山松田にオープン

1994年

3月4日

平和島ボートレース場にボートレース界初の劇場型特別観覧席「東京テレシアター」竣工(会員制女性専用ルームも設置)

1994年

3月6日

ファン拡大推進委員会主催の「第1回モーターボート・クイーンコンテスト」が東京都平河町のホテルニューオータニで行われ、初代クイーンに関本彩子さん(第2回は1995年10月15日、第3回は1997年11月6日に行われ、2代目クイーンは高橋香代さん、3代目はいでぐちみちこさん)

1994年

4月6日

連合会第3代会長に(社)東京都モーターボート競走会会長の笹川陽平氏が就任

1994年

4月23日

宮島ボートレース場の場外発売場「ボートピア釧路」が北海道白糠郡白糠町にオープン(1999年6月23日閉鎖)

1994年

8月24日

選手級別決定基準(A級をA1級とA2級に2分化、最低出走回数の変更)及び特別競走開催要綱の改正(SG競走出場選手の資格、選出方法等)

1994年

9月1日

九州地区共通会員制電話投票開始

1994年

10月1日

東海地区共通会員制電話投票開始

1995年

1月17日

阪神・淡路大震災発生。この地震の影響により琵琶湖、住之江、尼崎の3ボートレース場が開催を中止、琵琶湖は2月1日、住之江は2月12日より再開。尼崎は1996年度より再開

1995年

2月28日

参議院本会議において「国民の祝日に関する法律」の改正案が可決・成立(1996年から7月20日が国民の祝日「海の日」に制定)

1995年

3月1日

第2号特別競走の取扱いについての通達(同日付、海総第96号。1995年度に限り阪神・淡路大震災復興支援としてボートレース界から51億円を拠出)

1995年

4月1日

瀬戸内地区共通会員制電話投票開始

1995年

4月6日

平和島ボートレース場の場外発売場「ボートピア河辺」が秋田県秋田市河辺にオープン

1995年

5月2日

施行規則の一部が改正(投票法の規制が緩和され、また、阪神・淡路大震災により中止された競走について7年度内に限りその開催が可能となる。同日付、省令第28号。1995年7月1日以降を初日とする競走から第4レースから最終レースまでが連勝単式で実施)

1995年

5月3日

桐生ボートレース場にボートレース界初の対岸観戦前売発売所「ミズアム」(有料観覧席付)がオープン

1995年

7月18日

連合会笹川良一名誉会長が逝去。享年96歳

1995年

7月23日

北原友次選手が江戸川ボートレース場でボートレース界最多勝の3,089勝を達成

1996年

1月26日

第2号特別競走の取扱いについての通達(同日付、海総第5号。1995年度に引き続き1996年度に限り阪神・淡路大震災復興支援としてボートレース界から20億円を拠出)

1996年

4月11日

1996年より国民の祝日となる7月20日の「海の日」を記念してSG競走・オーシャンカップ競走を新設

1996年

4月25日

場間場外発売の実施についての通達(同日付、海総第197号)。また、場外発売場の確認についての事務連絡文書が発せられた(同日付)(場間場外発売対象競走にオ-シャンカップ競走と施設改善記念競走が加わるとともに、従来、制限枠のあった競走も全レース、全場外発売場で発売可能)

1996年

7月17日

住之江ボートレース場で第1回オーシャンカップ競走を開催(優勝・野中和夫選手=全SG競走制覇達成)

1996年

7月20日

公営競技界初のボートレースインターネットホームページ開設

1996年

8月12日

鳴門ボートレース場の場外発売場「ボートピア土佐」が高知県香南市赤岡町にオープン

1996年

8月20日

唐津ボートレース場の場外発売場「ボートピア三日月」が佐賀県小城市三日月町オープン

1996年

10月6日

「ボートピア呉」で宮島ボートレース場分の発売を開始(1996年度41日分、1997年度より徳山ボートレース場180日、宮島ボートレース場60日分発売)

1997年

2月18日

選手出場あっせん規程を一部改正(競走のグレード制の見直しにより、賞金王決定戦競走が2つのプログラムをもつ1つのSG競走に。高松宮記念及びモーターボート大賞競走がGⅡからGⅠに格上げされ、同大賞競走は5ヵ年の期限付で継続開催となる。また、ランナー王座決定戦競走はあっせん順位より削除)

1997年

3月4日

場間場外発売の実施についての通達(同日付、海総第69号、場間場外発売対象競走に高松宮記念競走が加わり、グランプリ競走及び賞金王シリーズ競走を、賞金王決定戦競走に名称を変更)

1997年

7月1日

ヘルメットが選手個人所有のフルフェース型に

1997年

9月20日

桐生ボートレース場において業界初のナイターレースを開催

1997年

12月23日

第12回賞金王決定戦競走の優勝賞金が副賞金をあわせて1億円に

1998年

1月19日

選手出場あっせん規程の改正(SG競走「競艇王チャレンジ゙カップ競走」が1998年11月から新設また、競走の種別をSG・GⅠ・GⅡ・GⅢ・一般競走と、グレード別に変更)

1998年

3月19日

蒲郡・常滑両ボートレース場の場外発売場「ボートピア川崎」が宮城県柴田郡川崎町にオープン

1998年

3月31日

「場間場外発売の実施について」の通達。従来からの対象競走に競艇王チャレンジカップ競走を追加(同日付、海総第149号)

1998年

3月31日

選手賞金の一部を改正(賞金王決定戦を除くSG競走の優勝賞金が4,000万円〔含日本財団会長賞300万円〕に統一、賞金王決定戦は1億円〔含同賞2,300万円〕に、賞金王シリーズ戦は1,600万円〔含同賞200万円〕にそれぞれ増額)

1998年

4月1日

競艇広報センター発足(ファン拡大推進委員会の下部組織であるグランドチャンピオン決定戦競走記念事業実行委員会及び競艇広報事業推進委員会を発展的に解消、効率良い広報・宣伝活動を実施するために発足)

1998年

4月1日

電話投票において、全ボートレース場の全レースの発売を実施(従来はGⅡ競走までだったものを一般競走まで拡大)

1998年

7月30日

芦屋ボートレース場の場外発売場「ボートピア高城」が宮崎県都城市高城町にオープン

1998年

10月14日

浜名湖ボートレース場の場外発売場「ボートピア玉川」が福島県石川郡玉川村にオープン

1998年

11月24日

平和島ボートレース場で第1回競艇王チャレンジカップ競走を開催(優勝・江口晃生選手)

1998年

12月24日

施行規則、連勝単式・連勝複式の併用発売が全レースで可能に改正(同日付、運輸省令第78号)

1999年

3月14日

多摩川ボートレース場の場外発売場「ボートピア大郷」が宮城県黒川郡大郷町にオープン

1999年

4月21日

「ボートピア高城」で下関市分の発売を開始

1999年

4月28日

尼崎・住之江両ボートレース場の場外発売場「ボートピア神戸新開地」が兵庫県神戸市兵庫区にオープン

1999年

5月24日

選手あっせん規程の「競艇名人戦競走」がGⅠ競走として新設され(2000年度より)、女子王座決定戦競走がGⅠ競走へ格上げに改正

1999年

7月1日

蒲郡ボートレース場が桐生に次いで2番目のナイターレースを開催(蒲郡市主催)


2000年代

2000年

1月8日

唐津ボートレース場でボートレース界初の連勝単式・連勝複式同時発売を開始

2000年

2月9日

施行規則、三連勝単式・三連勝複式投票法(公営競技界で初)及び拡大二連勝複式投票法の発売が可能に改正(同日付、運輸省令第4号)

2000年

4月18日

住之江ボートレース場で第1回競艇名人戦競走を開催(優勝・高山秀則選手)

2000年

5月1日

GⅠ競走開催要綱、SG・GⅠ競走の優勝戦で選手責任のスタート事故を起こした場合、当該事故に係るあっせん辞退期間終了後、3ヶ月間GⅠ競走への選出を除外に改正

2000年

5月29日

選手出場あっせん規程、GⅡ競走として「秩父宮妃記念杯競走」を新設、また、5年毎に開催されていた「競艇祭競走」が毎年開催に(いずれも2001年度より)改正

2000年

6月1日

連合会第4代会長に(社)大阪府モーターボート競走会会長の陰山幸夫氏が就任

2000年

8月13日

児島ボートレース場の場外発売場「ボートピア松江」が島根県松江市寺町にオープン

2000年

9月18日

「場間場外発売の実施について(1998年3月31日付、海総第149号)」の通達が廃止され、全ての競走において場間場外発売が可能となる(同日付、海総第425号)

2000年

10月13日

住之江ボートレース場で公営競技界初の三連勝単式投票法等の発売開始

2000年

12月19日

桐生ボートレース場(阿左美水園競艇組合)の場外発売場「ボートピアなんぶ」が青森県三戸郡南部町にオープン

2001年

1月6日

中央省庁再編成に伴い、監督官庁及び所管課である運輸省海上技術安全局総務課が国土交通省海事局総務課に、自治省財政局地方債課が総務省自治財政局地方債課となった。
これに伴いSG競走開催要綱が一部改正され、全日本選手権競走の下付賞が、運輸大臣旗から国土 交通大臣旗に、モーターボート記念競走の自治大臣杯が総務大臣杯に改称(2月8日、連合会第7回定例常任役員会で承認)

2001年

2月8日

GⅠ競走開催要綱が一部改正され、競艇祭競走がモーターボート大賞競走の開催除外要件項目から外された(施行は2002年度から)

2001年

3月10日

連合会が福岡県柳川市大和町へ「やまと学校」開設

2001年

5月1日

選手級別決定基準が一部改正され、出走回数及び失格判定(事故点)の見直しが行われた(3月14日、連合会第8回定例常任役員会で承認)

2001年

6月16日

三連勝単式投票法等の電話投票発売開始(住之江・平和島の2場で開始、2002年8月23日の桐生をもって全場対応完了)

2001年

6月18日

連合会、全施協、日本財団、選手会、施設協、ボートピア施設協、情報化センター共催による「法制定50周年記念式典」が東京都新宿区のホテル海洋で挙行。記念事業として各ボートレース場とボートピアにおいてお客さま感謝企画並びに記念プレゼント企画を実施(6~12月)

2001年

6月29日

ボートレース場における酒類販売の解禁通達が発せられ、酒類販売が可能に(同日付、国海総第129号)

2001年

7月10日

日本初、公営競技界初のインターネット投票での発売開始

2001年

7月15日

新投票法対応初の場間場外発売が住之江・平和島両ボートレース場で実施(第6回オーシャンカップ競走・本場尼崎)

2001年

8月4日

ボートピア神戸新開地で業界初の3場併用発売実施

2001年

12月12日

日本初、公営競技界初の「iモード投票」開始

2001年

12月13日

戸田ボートレース場の場外発売場「ボートピア岡部」が埼玉県深谷市西田にオープン

2002年

2月28日

連合会、山梨県の本栖研修所を閉鎖

2002年

3月16日

多摩川ボートレース場が場外発売場「ボートピア市原」を千葉県市原市五所にオープン

2002年

4月1日

江戸川ボートレース場の開催施行者、東京都六市競艇事業組合と同三市収益事業組合が経営改善を図るため開催業務の共同運営を実施

2002年

4月1日

各テレボートの業務を集約化して電話投票会員の管理業務を行う「全国モーターボートテレホン事務センター」が発足

2002年

8月5日

ファンへの新競技情報「スタート展示」実施(同日を初日とするボートレース場から開始、14日までに全場実施)

2002年

8月27日

第48回モーターボート記念競走がSG初のナイターレースで開催(19場と11BPが場間場外発売を実施)

2002年

9月26日

児島ボートレース場の外向前売発売所で場間場外発売・払戻事務を倉敷市が岡山県競走会へ委託

2003年

3月20日

公営競技界初のジャパンネット銀行との提携による随時インターネット投票会員サービスを開始

2003年

4月30日

スタート展示航走導入に伴い、モーターボート競走競技規程をはじめとする諸規程が改正(同日付国海総第45号等)

2003年

6月20日

関東地区相互払戻サービスを開始(戸田、江戸川、平和島、多摩川、ボートピア岡部)

2003年

10月1日

施行規則の一部が改正され、施行者は、一定条件のもとで、勝舟投票券の作成事務を競走会に委託可能に(同日付、省令第101号、施行は2003年10月1日)

2003年

12月24日

蒲郡ボートレース場で冬季ナイターレース「2003Xマス&FINALナイター」開催

2004年

1月10日

アニメ「モンキーターン」がテレビ東京系列で放映開始(12月19日放送終了)

2004年

3月16日

ボートピア呉で宮島ボートレース場発売用の施設「ボートピア呉宮島」を増設

2004年

4月28日

スタート展示の実施方法が見直され、「スロー・ダッシュの区分け」を廃止

2004年

5月1日

ボートレース界3番目となる若松ボートレース場のナイターレース「パイナップルナイター」開始

2004年

5月13日

ボートレース界初の唐津ボートレース場の前売専用場外発売場「前売場外ミニット」が唐津市ふるさと会館アルピノ内にオープン

2004年

5月20日

浜名湖ボートレース場の場外発売場「ボートピア岩間」が茨城県笠間市押辺にオープン

2004年

5月26日

北原友次選手が児島ボートレース場でボートレース界最多勝の3,417勝を達成し、7月1日で引退

2004年

7月7日

大村ボートレース場の前売場外発売場「前売場外おおむら」が長崎県大村市杭出津にオープン

2004年

12月3日

芦屋・大村両ボートレース場の場外発売場「ボートピア金峰」が鹿児島県南さつま市金峰町にオープン

2004年

12月18日

電話投票の早朝発売実施(第19回賞金王決定戦競走・初日からSG8競走、全国GⅠ3競走から)

2005年

2月10日

ナイターレース実施要領が改正され、ナイターレースの開催日数等が緩和(同日付、国海総第338号の2)

2005年

3月14日

イーバンク銀行との提携により、「即時入会・即時投票」が可能なインターネット会員募集を開始

2005年

3月31日

地方財政法等の一部を改正する法律が公布され、納付金制度が2006年度から2010年度まで5ヶ年間延長に

2005年

4月22日

桐生ボートレース場新スタンドに業界初となる在席投票システムを設置

2005年

6月30日

前売場外おおむらが小規模場外発売場に施設を変更

2006年

2月

国土交通省海事局長の私的諮問機関「モーターボート競走事業活性化検討委員会」が設置

2006年

4月6日

大村ボートレース場の専用場外発売場「ミニボートピア長崎五島」が長崎県五島市上大津町にオープン

2006年

4月12日

「ミニボートピア滝野」が兵庫県加東市北野にオープン

2006年

7月

国土交通省海事局長の私的諮問機関「モーターボート競走事業活性化検討委員会」が報告書をとりまとめた

2006年

7月8日

ボートレース界4番目となる住之江ボートレース場のナイターレース「住之江シティナイター」開始

2006年

8月8日

唐津ボートレース場3場目となる専用場外発売場「オラレ呼子」が佐賀県唐津市呼子町にオープン

2006年

8月22日

蒲郡・常滑ボートレース場の専用場外発売場「ボートピア名古屋」が愛知県名古屋市港区名港にオープン

2006年

9月27日

江戸川ボートレース場の専用場外発売場「ボートピア習志野」が千葉県習志野市茜浜にオープン

2006年

10月20日

若松ボートレース場の専用場外発売場「ミニボートピア北九州メディアドーム」が福岡県北九州市小倉北区三萩野(小倉競輪場内)にオープン

2007年

3月16日

住之江ボートレース場の場外発売場「ボートピア梅田」が大阪市北区にオープン

2007年

3月31日

競走法令関係が45年ぶりに大幅改正(競走の実施に関する事務の一部を私人への委託、場外発売場設置許可、19条交付金の額の改正等)

2007年

4月11日

「ミニボートピア洲本」が兵庫県洲本市海岸通にオープン

2007年

4月12日

琵琶湖ボートレース場の専用場外発売場「ボートピア京都やわた」が京都府八幡市八幡一ノ坪にオープン

2007年

10月12日

唐津ボートレース場の専用場外発売場「前売場外ミニット」が施設狭隘等のため同施設内駐車場に移転

2007年

10月25日

大村ボートレース場4番目の「ミニボートピア長崎時津」が長崎県西彼杵郡時津町にオープン

2007年

10月29日

法改正を受け、財団法人日本モーターボート競走会設立発起人会開催

2007年

11月30日

財団法人日本モーターボート競走会(以下「日モ競」)設立

2007年

12月14日

平和島ボートレース場2番目の場外発売場「ボートピア横浜」が神奈川県横浜市中区にオープン

2008年

2月4日

競走水面護岸工事のため、江戸川ボートレース場が本場開催を休止

2008年

2月20日

日モ競が競走業務実施機関としての指定を受ける

2008年

3月21日

「ミニボートピア双葉」が山梨県甲斐市下今井にオープン

2008年

4月1日

都府県モーターボート競走会及び連合会の解散

2008年

4月1日

日モ競が競走実施指定機関として業務開始

2008年

10月4日

徳山ボートレース場の専用場外発売場「オラレ徳山」が山口県周南市銀座にオープン

2008年

10月14日

大村ボートレース場の小規模場外発売場「オラレ島原」が長崎県島原市下川尻町にオープン

2008年

12月3日

「ミニボートピア天文館」が鹿児島県鹿児島市千日町にオープン

2009年

2月9日

選手出場あっせん規程の一部改正(モーターボート大賞競走をGⅠ競走からGⅡ競走に変更:2009 年4月1日から施行、2010年4月1日以降の競走から適用)

2009年

2月17日

SG競走開催要綱の一部改正(賞金王決定戦競走出場選手の選考期間を変更)
GⅠ競走開催要綱の一部改正(女子王座決定戦競走の選出基準を変更)
GⅡ競走開催要綱の一部改正(モーターボート大賞競走の出場選手の資格等を変更)

2009年

4月1日

日モ競の2代目会長に常務理事の皆川浩二氏が就任

2009年

4月21日

ボートレース界5番目となる丸亀ボートレース場のナイターレース「ブルーナイター」開始

2009年

4月24日

大村ボートレース場の小規模場外発売場「オラレ志布志」が鹿児島県志布志市志布志町志布志にオープン

2009年

4月27日

新たな施策や今後の方向性等について、中央団体で横断的に検討するための機関として競艇活性化委員会(現:ボートレース活性化委員会)を設置

2009年

5月2日

「ミニボートピア黒石」が青森県黒石市追子野木にオープン

2009年

6月4日

競走水面護岸工事完了に伴い、江戸川ボートレース場が本場開催を再開

2009年

10月14日

鳴門ボートレース場の小規模場外発売場「オラレ美馬」が徳島県美馬市美馬町にオープン

2009年

11月14日

「ミニボートピアみやき」が佐賀県三養基郡みやき町にオープン

2009年

12月5日

大村ボートレース場で業界初の窓口キャッシュレス投票サービス導入

2009年

12月12日

「ミニボートピア長洲」が熊本県玉名郡長洲町にオープン


2010年代

2010年

2月19日

SG競走開催要綱の一部改正(GⅡ競走に一部SG競走への出場資格を付与)
GⅠ競走開催要綱の一部改正(SG競走開催要綱の一部改正に伴いGⅡ競走でのスタート事故者への規制を見直し)
GⅡ競走開催要綱の一部改正(SG競走開催要綱及びGⅠ競走開催要綱の一部改正に伴い新たにスタート事故者への規制を制定)

2010年

2月25日

戸田ボートレース場の場外発売場「ボートピア栗橋」が埼玉県久喜市栗橋東にオープン

2010年

4月1日

「日モ競」一元化の第2段階として本部・支局・支部・場外運営事務所体制に

2010年

4月1日

「KYOTEI(競艇)」の呼称を「BOAT RACE(ボートレース)」に変更

2010年

7月9日

芦屋ボートレース場で業界初のモーニングレース「サンライズレース」開始

2010年

8月4日

「ミニボートピア長崎波佐見」が長崎県東彼杵郡波佐見町にオープン

2010年

9月6日

パチンコ「CRモンキーターン」が全国でホールデビュー

2010年

9月18日

「ミニボートピアみやき」が「ボートピアみやき」としてリニューアルオープン

2010年

9月22日

選手級別決定基準を一部改正(A1級の出走回数の基準を70回から90回に変更:2010年11月1日の競走から施行、2011年7月1日の級別実施期間から適用)

2010年

10月21日

2連勝式の特徴である「当てやすさ」、「推理する面白さ」をPRするため「2連勝ナイトフェスタ」をナイターレース開催場(桐生、蒲郡、住之江、丸亀、若松)にて実施(2010年10月21日~11月1日まで)

2010年

11月1日

スタート事故防止を目的としてA1の最低出走回数を70回以上から90回以上に引き上げ

2010年

11月2日

選手出場あっせん規程実施細則の一部改正(A1級の出走回数の基準を90回に変更した選手級別決定基準の一部改正を反映)
GⅠ競走開催要綱の一部改正(新鋭王座決定戦競走及び女子王座決定戦競走の出場選手の選出方法を変更)
GⅢ競走開催要綱の一部改正(新鋭リーグ戦競走及び女子リーグ戦競走並びにオール女子戦競走の出場資格を変更)

2010年

12月25日

「ミニボートピア日向」が宮崎県日向市大字平岩にオープン

2010年

12月26日

「ミニボートピアさつま川内」が鹿児島県薩摩川内市西向田町にオープン

2011年

1月7日

選手出場あっせん規程の一部改正(賞金女王決定戦競走の新設、競艇王チャレンジカップの競走の名称をチャレンジカップ競走に変更、競艇名人戦競走の名称を名人戦競走に変更、競艇祭競走の名称をモーターボート誕生祭競走に変更、モーターボート大賞トライアル競走の廃止等)
選手出場あっせん規程実施細則の一部改正(賞金女王決定戦競走の新設に伴う手続きを一部改正)
SG競走開催要綱の一部改正(賞金女王決定戦競走の新設、新鋭王座決定戦競走及び女子王座決定戦競走の開催時期の変更に伴う鳳凰賞競走の出場選手の選出方法の見直し、競艇王チャレンジカップ競走の名称をチャレンジカップ競走に変更)
GⅠ競走開催要綱の一部改正(賞金女王決定戦競走の新設、新鋭王座決定戦競走及び女子王座決定戦競走の開催月、出場選手の資格及び選出方法等の変更)
GⅡ競走開催要綱の一部改正(競艇祭競走の名称をモーターボート誕生祭競走に名称変更したことに伴い内容を一部改正)
GⅢ競走開催要綱の一部改正(モーターボート大賞トライアル競走の廃止、新鋭リーグ戦競走及び女子リーグ戦競走の出場選手の資格を一部改正)

2011年

2月1日

桐生・戸田・江戸川・平和島(平和島劇場含む)・多摩川各ボートレース場とボートピア岡部・栗橋・横浜の間でそれぞれ発券した的中・返還券の払戻が可能となる関東地区総合払戻サービス開始

2011年

2月9日

徳山ボートレース場でモーニングレース「グッドモーニング徳山」開始

2011年

3月13日

東日本大震災の発生に伴いボートレースの開催を全場休止(同年3月31日まで)

2011年

4月1日

4月1日以降を初日とする開催より「東日本大震災 被災地支援競走」として順次再開

2011年

4月1日

ボートレース唐津でモーニングレース「朝ドキ!からつ」開始

2011年

4月3日

初のボートレースレギュラー番組「BOAT RACE ライブ~勝利へのターン~」BSフジ毎週日曜日16:00~16:56放送開始

2011年

4月7日

「ミニボートピア鳥取」が鳥取県鳥取市南隈にオープン

2011年

4月18日

iPhone/iPod touch用ストップウォッチアプリケーション「展示ストップウオッチ」無料ダウンロードサービス開始

2011年

4月23日

被災し営業を中止していた「ボートピア川崎」が営業再開

2011年

4月25日

東日本大震災の影響によりナイター開催を中止していたボートレース場にて4月25日以降を初日とするナイター開催より順次再開

2011年

4月27日

被災し営業を中止していた「ボートピア岩間」が営業再開

2011年

6月2日

被災し営業を中止していた「ボートピア大郷」が営業再開

2011年

6月10日

スマートフォン「BOAT RACE web投票」サービス開始

2011年

6月11日

公営競技初!カラーマークカード(30万枚)をボートレース江戸川・唐津、ボートピア習志野・市原・名古屋にて試験導入

2011年

6月15日

「ミニボートピア福島」が福島県福島市瀬上町にオープン

2011年

6月18日

被災し営業を中止していた「ボートピア玉川」が営業再開

2011年

8月1日

電話投票発売開始時刻を30分繰り上げ(8時30分~)

2011年

8月1日

三菱東京UFJ銀行によるボートレース・インターネット即時投票サービス開始

2011年

8月5日

ボートレース戸田にて3月に中止なった総理大臣杯の代替競走として「SG東日本復興支援競走」開催(同月10日まで)

2011年

9月1日

ロンドンオリンピック日本代表選手団に協賛(協賛期間2012年12月末)

2011年

9月1日

スマートフォンアプリゲーム「ボートレース艇王3D!」サービス開始

2011年

10月18日

「ミニボートピア山口あじす」が山口県山口市阿知須にオープン

2011年

10月20日

「ボートピア岡部」がリニューアルオープン

2011年

10月29日

「オラレ日南」が宮崎県日南市岩崎にオープン

2011年

11月7日

選手出場あっせん規程の一部改正

2011年

11月18日

iPhone/iPad/iPod touch専用「BOAT RACE アプリ投票」無料ダウンロードサービス開始

2011年

11月22日

ゲームセンターにて迫力あるボートレースを体感できるメダルゲーム機「StarBoat」サービス開始

2011年

11月26日

「ミニボートピア阿賀野」が新潟県阿賀野市久保にオープン

2011年

12月1日

モーターボート競走整備規程の一部改正(新プロペラ制度導入に伴う一部改正)

2012年

1月12日

「BOAT RACE 平和島劇場」が全国初の6ボートレース場併売開始

2012年

2月2日

「オラレ上越」が新潟県上越市富岡にオープン

2012年

3月22日

電話投票ベット数拡大と共に投票機能を強化

2012年

4月1日

公益法人制度改革に伴い本会名称を「一般財団法人日本モーターボート競走会」(以下「日モ競」)に変更

2012年

4月1日

場間場外発売・電話投票の締切時間を3分前から2分前に短縮

2012年

4月1日

全国総合払戻サービスを開始 「どこでもはらいおん」マークのある窓口で利用可能

2012年

4月12日

ボートレース浜名湖にて新プロペラ制度先行実施。その他のボートレース場については、4月27日以降を初日とする開催より実施

2012年

4月23日

電話投票の前日発売を開始

2012年

4月27日

アンテナショップ「ROKU軽井沢」(カフェ&バー)を長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢にてオープン

2012年

5月17日

「オラレセントレア」が中部国際空港にオープン

2012年

5月19日

「ミニボートピア嘉麻」が福岡県嘉麻市岩崎にオープン

2012年

6月26日

スマートフォン版「BOAT RACE オフィシャル Webサイト」オープン

2012年

7月7日

アンテナショップ「鳥君ROKU札幌」(居酒屋)及び「BOAT RACE BAR ROKU 札幌」(バー)を北海道札幌市中央区南5条西にてオープン

2012年

7月7日

アンテナショップ「ROKU沖縄」(カフェ&バー)を沖縄県那覇市久茂地にてオープン

2012年

7月28日

丸亀ボートレース場がメインスタンドを一新しリニューアルオープン、同日に外向け発売所「Bポートまるがめ」オープン

2012年

8月12日

江戸川ボートレース場に無料観覧施設「ROKU」オープン

2012年

8月12日

琵琶湖ボートレース場にて業界初ロボットヒーロー「ロボートレーサーV」誕生!!

2012年

9月19日

「ボートピア名古屋」がリニューアルオープン

2012年

11月1日

番組編成の基本方針の改訂

2012年

11月10日

「ボートピア岩間」がリニューアルオープン

2012年

12月15日

「ミニボートピアりんくう」が大阪府泉佐野市りんくうにオープン

2012年

12月18日

「ボートピア川崎」がリニューアルオープン

2013年

1月7日

荘林幸輝元選手が「やまと学校」教官に就任

2013年

1月22日

「ボートレース若松」に北九州市制50周年記念レインボーイルミネーション登場

2013年

4月7日

尼崎ボートレース場に特別観覧施設「ROKU」オープン

2013年

4月27日

アンテナショップ「ROKU軽井沢」(カフェ&バー)を長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢にてリニューアルオープン

2013年

6月5日

北陸地方初の「ミニボートピア津幡」がオープン

2013年

6月18日

46歳以上の選手が出場する「匠シリーズ」新設

2013年

6月18日

選手出場あっせん規程及び同実施細則の一部改正
SG、GI、GⅡ及びGⅢ競走開催要綱の一部改正(賞金王決定戦競走の開催期間を4日間から6日間へ拡大、賞金上位7位から18位までの12名で争う第1ステージ、賞金上位1位から6位までの6名と第1ステージを勝ち上がった6名で争う第2ステージの設定、GIヤングダービー競走の新設に伴い新鋭王座決定戦競走の廃止、GⅡレディースチャレンジカップ競走の新設に伴うチャレンジカップ競走の出場選手の資格及び選出方法の見直し、GⅢイースタンヤング競走・GⅢウエスタンヤング競走の新設、賞金女王シリーズ競走をGⅢに格上げ、オール女子戦の競走名称を改めたGⅢオールレディース競走の新設、新鋭リーグ戦競走・女子リーグ戦競走の見直し

2013年

10月10日

一般競走の年間シリーズ名称を、登録6年未満の男子選手を対象とした「ルーキー・シリーズ」、登録16年未満の女子選手対象とした「ヴィーナス・シリーズ」に決定

2013年

11月1日

プロペラ制度の一部変更(ヤマト製1枚での運用に変更)

2013年

11月6日

選手、審判員及び検査員養成訓練規程の一部改正
応募資格の身体測定基準を見直し(身長:172㎝以下→175㎝以下、体重:男子47㎏以上55㎏以下→47㎏以上57㎏以下、その他所要の見直し)

2013年

12月12日

アンテナショップ「ROKU仙台」(カフェ)を仙台市青葉区にオープン

2013年

12月14日

「ミニボートピア井原」が岡山県井原市にオープン

2014年

2月18日

「ミニボートピア新潟」が新潟県新潟市にオープン

2014年

2月23日

「ミニボートピア大和ごせ」が奈良県御所市にオープン

2014年

3月1日

「忘れないで!311」各地のレース場で募金イベントを実施
~日本財団東日本大震災支援基金へ協賛~

2014年

4月1日

全国総合払戻サービス拠点数拡大

2014年

4月1日

選手の出身地表記について「現住所」データの内容を「支部」データに変更

2014年

4月15日

「SG審判員制度」を導入 全SG・プレミアムGIを同じ審判員が判定

2014年

4月19日

「ミニボートピア朝来」が兵庫県朝来市にオープン

2014年

5月29日

日モ競の3代目会長に小池保夫氏が就任

2014年

8月9日

「オラレ下関」が山口県下関市にオープン

2014年

10月10日

「ロイヤルハワイアンROKU OSAKA」(カフェ)が大阪市心斎橋にオープン

2014年

11月15日

「ミニボートピア宮崎」が宮崎県宮崎市にオープン

2015年

2月19日

平成27年11月1日以後を初日とする競走より、男子選手の最低体重基準値を現行の50.0kgから51.0kgへ1.0kg引き上げる

2015年

3月24日

「ミニボートピア富士おやま」が静岡県駿東郡小山町にオープン

2015年

4月1日

選手出場あっせん規程の一部改正(GⅡレディースオールスターの新設)

2015年

4月3日

「ミニボートピア天文館」が移転、リニューアルオープン

2015年

4月5日

「ボートピア梅田」がリニューアルオープン

2015年

4月7日

アンテナショップ「名古屋・栄」(カフェ)が名古屋市中区にてオープン

2015年

4月19日

「ボートピア呉」がリニューアルオープン

2015年

7月1日

ボートレース三国外向発売所「ディアボート三国」リニューアルオープン。
特別観覧席及び「ROKU三国」もオープン。

2015年

8月11日

「ボートレースチケットショップミニボートピア名張」が三重県名張市にオープン。

2015年

8月23日

「ボートレースチケットショップ長崎佐々」が長崎県北松浦郡佐々町にオープン。

2015年

9月19日

「ボートレースチケットショップ旭川」が北海道旭川市にオープン。

2015年

10月26日

「ボートレースチケットショップ西予」が愛媛県西予市にオープン。

2015年

11月1日

11月1日以降を初日とする競走より、男子選手の最低体重基準値を50.0㎏から51.0㎏に引き上げた。

2015年

11月1日

特別観覧施設ROKU「ASHIMU CAFE」がボートレース芦屋にオープン。

2015年

11月10日

「ボートレースチケットショップ鹿島」が佐賀県鹿島市にオープン。

2015年

12月24日

「ボートレースチケットショップ ミニボートピア栄」が名古屋市栄にオープン。

2016年

3月8日

選手出場あっせん規程の一部改正(GⅢマスターズリーグ戦の新設)

2016年

3月9日

GⅠ競走開催要綱の一部改正(GⅢマスターズリーグ戦の新設に伴う「プレミアムGⅠマスターズチャンピオン」の出場選手の資格及び選出方法等の変更)
GⅢ競走開催要綱の一部改正(GⅢマスターズリーグ戦の新設・満45歳以上)
選手出場あっせん規程実施細則の一部改正(女子選手の産休・育休特例の制定)
選手級別決定基準の一部改正(B1級の基準を勝率2.00以上でA1級、A2級を除く勝率上位者に改正)

2016年

3月26日

「ボートレースチケットショップ ミニボートピア京丹後」が京都府京丹後市にオープン。

2016年

4月1日

場外発売・電話投票の締切時間を2分前から1分前に短縮。

2016年

4月20日

「ボートレースアンテナショップ大阪・アメ村Sports Diner CLOUD10」が
リニューアルオープン

2016年

4月28日

「ボートレース鳴門」がリニューアルオープン
「ボートレースアンテナショップ沖縄・国際通り」がリニューアルオープン

2016年

5月14日

「ボートピア栗橋」がリニューアルオープン

2016年

5月18日

「ボートピア姫路」がリニューアルオープン

2016年

6月1日

「BOAT RACE フードコート」が新東名高速道路 駿河湾沼津サービスエリア(下り)に
オープン

2016年

6月5日

「ボートピアみやき」がリニューアルオープン

2016年

7月23日

「ボートレースチケットショップ松浦」長崎県松浦市にオープン。

2016年

8月23日

「ボートレースチケットショップ オラレ刈羽」新潟県刈羽郡刈羽村にオープン。

2016年

9月13日

日モ競の4代目会長に潮田政明氏が就任。

2016年

10月25日

選手、審判員及び検査員養成訓練規程等の一部改正
平成29年4月よりボートレーサー養成機関「やまと学校」の名称を「ボートレーサー養成所」へ変更し、養成訓練費用を無償化

2016年

12月10日

「ボートレースチケットショップ オラレ田布施」が山口県熊毛郡田布施町にオープン

2016年

12月20日

「ボートレースアンテナショップ名古屋・大須BALL DONUT PARK」が名古屋市中区大須にオープン

2017年

3月24日

「ボートレースチケットショップ養老」が岐阜県養老郡養老町にオープン。